コマンドリファレンス

※モーションコマンドの非同期(m2)版と継続(mc)版は通常コマンドと同じページにあります。
(「mcscalecos/mcscalesin」のみ「mscale」とは別ページになります)


画面の書き換え

※モーションコマンドと同時に処理が行われると、意図しない画面表示になることがあります。

クロスフェード(ドロー)による画面書き換え

drawドローで書き換え
rdraw複数プレーンをドローで書き換え
drawdefドロー時のデフォルトフレーム値とデフォルト対象プレーンを設定

ワイプによる画面書き換え

wipe単独プレーンをワイプで書き換え
rwipe複数プレーンをワイプで書き換え
wipe2クロスフェード無しのワイプで書き換え
wipe3ワイプ書き換えの時間を詳細に指定
wbreak画面をポリゴン分割して書き換え
rwmosrfmosモザイク・ぼかしワイプ/モザイク・ぼかしフェード
wipedefワイプ時のデフォルトフレーム値とデフォルト対象プレーンを設定

イメージ・プレーン

共通

(init)イメージ・プレーンを初期化
base中心位置を指定
pos表示位置を指定
scale倍率を指定
blend不透明度を指定
disp表示・非表示を設定
delayコマンド処理の開始を遅らせる
get現在のイメージ・プレーンのパラメータを取得
clone現在のイメージ・プレーンを複製
shift表示位置をシフト

イメージ専用

(load)イメージ読み込み
(c_image)矩形に塗りつぶしたイメージを作成
defデフォルト描画プレーンを設定
(blur_i)イメージをぼかす
modeイメージを特種な色状態で読み込む
toneイメージの色味を変えて読み込む

プレーン専用

(c_plane)1色で塗りつぶしたプレーンを作成
(rect_plane)矩形プレーンを作成
(rp_plane)一つの矩形を任意の数だけ並べたパターンプレーンを作成
vramプレーンがVRAM上のどこを参照するかを指定
priプライオリティを設定
rotプレーンを回転
bmodeプレーンを特殊な合成モードに
colorプレーンの頂点カラーを設定
after残像を作る
(sp_plane)特殊形状プレーンを使用
video
vcom
プレーン内ムービー読み込み・制御

モーション

※ドロー・ワイプと同時に処理が行われると、不自然な画面表示になることがあります。

停止

stop非同期・継続モーションを停止

不透明度・カラーの変化

fade不透明度を動的に変化
fade2不透明度を動的に変化(α1→α2→α1と変化)
cfade色を動的に変化(プレーンのみ)
mcdisp永続的な明滅

移動

move直線的に移動
amove加減速付きで直線移動
arc扇形で移動
quake画面を揺らす
shake反復移動
splineスプライン補間をしながら移動

倍率

※以下のコマンドはプレーンのみ指定可能です

mscale動的に拡大(縮小)
mcscalecos
mcscalesin
拡大・縮小を繰り返す
spline_sスプライン補間をしながら拡大・縮小

回転

※以下のコマンドはプレーンのみ指定可能です

mrot指定した角度分を動的に回転
spline_rスプライン補間回転をしながら回転
pend振り子のような動きを反復

特別な画面効果

ラスタースクロール

rasterラスタースクロール
raster fadeラスタースクロールをフェード

パーティクル

パーティクルは0〜3の専用バンクを持ちます。

particleパーティクルを起動/停止
setパーティクルのパラメータを変更
alphaパーティクルのα値を設定
fadeパーティクルのα値をフェード
particle2パーティクルを起動/停止(関連付けプレーン指定あり)
particle3パーティクルを起動/停止(プラグイン版パーティクルの起動)

サウンド

※Direct3Dサウンドを使用していない場合、y、z軸への指定は効果がありません。

詳細:コマンド記述の基本事項「サウンド系のコマンドについて」参照

再生・初期化

(play)(init)ファイルを再生/初期化
loopファイルをループ再生
pausereplayサウンドを一時停止/一時停止を解除

ボリューム

volボリュームを変更
fadeボリュームを動的に変化
endフェードアウト後に初期化

位置

base再生の基準位置を変更
pos再生位置を変更
rot再生位置を回転

移動

moveサウンドを直線移動
arcサウンドを扇形移動
quakeサウンドを揺らす
shakeサウンドを反復移動
mrotサウンドを回転

そのほかの特殊コマンド

処理の流れを制御

wait指定フレーム、もしくは処理の終了までを待つ
next/#シーンを接続
if条件によってコマンドを実行
select選択肢/イメージ選択肢
fselect画面スクリプト版選択肢
call/returnサブルーチンを呼び出す/サブルーチンから抜ける
titleタイトル画面に戻る
jumpstopジャンプを強制解除
skipstop既読スキップを強制停止
undo『前の選択肢に戻る』位置をセット

メッセージウィンドウ

frameメッセージウィンドウの表示/非表示を設定
forcemesdelメッセージウィンドウ強制消去
viewウィンドウを変更
mesdrawメッセージの表示/非表示を設定
autofaceフェイスウィンドウの画像を名前から自動取得

キー入力

keyskipキー入力の可/不可を変更
auto強制的にオートモードを開始し、キー入力を受け付けない

変数・文字列変数

max/min変数を比較し、最大・最小数値のパラメータ上の位置を取得
str文字列変数に任意の文字列をセット
strn数値を文字列に変換してセット
strcmp二つの文字列変数を比較し、結果を変数にセット
getfbit/setfbit/clearfbitフラグのビット操作

イメージアトリビュート

attrイメージアトリビュートを取得
attr_defアトリビュート取得先変数Noのデフォルトを設定

その他

tonetbl自動でキャラの色味を変更/しない
sceneセーブデータに表示されるシーンタイトルを設定
cgflagCGのすべての差分を観賞モードに一括で登録
cgregCGの既視フラグを立てる
end_of_kaisou回想シーンのフラグを立てる/終了地点を設定
novelノベルモードへの移行・解除
debugデバッグモードを設定
fes/fesjs/fesds画面スクリプトを実行
sysbtnシステムボタン有効・無効制御
thumbnail専用サムネイル使用の制御
voiceoff音声を一時的に再生しないように
week年月日から曜日を算出
callmestagメッセージウィンドウスクリプトのタグをコール
movieムービーの再生
jsjavascriptの実行