CS2動作定義ファイル"startup.xml"

"startup.xml"を編集する事により、CS2のデフォルト動作を設定できます。

1)環境設定の種類について

CS2システムには、「システム環境設定」「ゲーム環境設定」の二つの環境設定があります。
両方とも、この定義ファイルで設定します。

システム環境設定
CS2システムの動作に関わる部分を設定します。
例:ゲームウィンドウのサイズ、環境依存対策など
ゲーム環境設定
ゲーム内の動作に関わる部分を設定します。
例:音声、メッセージ、フォントなど

2)"startup.xml"の設定項目

[GENERAL]

screensaver
環境設定の『スクリーンセーバー抑制』の初期値
ゲーム起動中スクリーンセーバーを抑制する場合は1、しない場合は0
camouflage
環境設定内の項目『メモ帳に偽装』の初期値
最小化時にメモ帳偽装を行う場合は1、しない場合は0

[SCREEN]

width
ゲームウィンドウの幅
height
ゲームウィンドウの高さ
v_width
システム環境設定内の項目『ウィンドウサイズの幅』のデフォルト値
v_height
システム環境設定内の項目『ウィンドウサイズの高さ』のデフォルト値
fps
システム環境設定のFPSのデフォルト値
no_skip
これを1にすると処理落ち処理(フレームスキップ処理)を行わないようになる
list
システム環境設定のゲーム解像度リストの設定
type? (?は0〜4までの数値)
w
h
高さ
full_size
システム環境設定の[表示2]−[フルスクリーン時の表示1]の初期値 (0:画面サイズに拡大 1:ウィンドウ時のサイズ)
full_pos
システム環境設定の[表示2]−[フルスクリーン時の表示2]の初期値 (0:中央に表示 1:上に表示 2:下に表示)
mw_pos
システム環境設定の[表示2]−[メッセージウィンドウ位置]の初期値 (0:標準の位置 1:画面の下隅 2:画面の上隅)
wall
システム環境設定の[表示2]−[ゲーム画面外の背景]の初期値 (0:黒 1:パターンの壁紙)
frameimg
画面外のパターン壁紙のファイル名
limit
システム環境設定の[表示1]−[ウィンドウモード時のウィンドウサイズ制限を行う]の初期値 (0:OFF 1:ON)

[APP]

title
ゲームウィンドウタイトル
mutex
CS2システム複数起動防止用のミューテックス名
mutex_cfg
CS2環境設定(cs2conf)起動防止用のミューテックス名
cdid
製品CDまたはDVD検索用のIDファイル名
v_code
不正コピー・改変防止用の文字列
icon
ゲームアイコン
iconno
アイコンファイル内に複数のアイコンがある場合、何番目を使用するか
banner
メーカーウェブサイトのバナーファイル
imgcache
システム環境設定のイメージ(画像)データキャッシュサイズのデフォルト値
direct
cs2.exeの直接起動(未インストールでの機能)でも起動できるようにするか。
1に設定して直接起動有効にしてもdirect.datファイルが必要です。

[VERSION]

ini
startup.xmlバージョン(現在は20)
major
ゲームのメジャーバージョン
minor
ゲームのマイナーバージョン

[WEB]

url
メーカーウェブサイトのURL

[SCRIPT]

start
起動時に読み込まれるkcsスクリプトファイル名(通常はkcs.int/main.kcs)

[SCENELIST]

convert
シーンリストダイアログの設定
current
[シーンリストをコンパイル]実行時のフォルダ名
command
[シーンリストをコンパイル]実行時のコマンド名
param
[シーンリストをコンパイル]実行時のコマンドパラメータ

[GAME]

wndcolor
メッセージウィンドウの色
r
g
b
a
不透明度
enabledrag
メッセージウィンドウをドラッグ出来るようにするなら1 しないなら0
※「0」にすると、ゲーム環境設定ダイアログでドラッグに関する項目が選択できないようになります。
enablefullskip
メッセージの未読スキップ可、不可を設定する項目をゲーム環境設定ダイアログに表示させるなら1 させないなら0
strframe_count
ゲーム環境設定のメッセージ速度の段階数(メモリ数)
strframe_frame
ゲーム環境設定のメッセージ速度の1段階あたりの待ちフレーム数。
1/10フレーム単位で指定します。0.5フレーム単位で段階を刻むなら5を指定します。
autoframe_count
ゲーム環境設定のオートモードの速度の段階数(メモリ数)
autopriset
オートモードの各段階のスピードの設定
p?? (??は0〜段階数-1の数値が入ります)
base
基本待ち時間(0.1秒単位)
char
1文字あたりの待ち時間(0.01秒単位)
disp_frame
ゲームウィンドウタイトルに動作フレーム値を表示させる場合は1
string
テキスト設定
wipe
テキスト表示方式の設定
0なら1文字ずつ表示(従来の動作)、1ならワイプ表示
log
履歴設定
col
1メッセージあたりの文字数
1行スクロール型なら1行の文字数、メッセージ単位型なら1000等の大きな数
prof
禁則処理を行うなら1(1行単位用)
indent
インデント処理を行うなら1
nameindent
名前インデントを行うなら、その文字数
space
0の場合、文章と文章の間にスペースを入れない
disp
mes
文章を表示するなら1
name
名前を表示するなら1
nameformat
first
名前の前に表示する文字列
last
名前のあとに表示する文字列
limit
履歴最大保持文章数の初期値
flag
max
最大変数数
local(0〜7)
start
ローカル変数の開始フラグNo
count
ローカル変数のフラグ数
global(0〜7)
start
グローバル変数の開始フラグNo
count
グローバル変数のフラグ数
read
enable
既読文章の色変更を行う場合は1
color
既読文章の色変更を行う場合のカラー値

[FONT]

※フォントサイズの設定はウィンドウ定義ファイルで行います。

face
使用フォントのデフォルト
faceruby
ルビ文字に使用するフォント
fontshadowtype
フォントに付ける影のタイプ
around
フォントの周りに縁を付ける場合は1
rightdown
フォントの右下に影を付ける場合は1

[CURSOR]

default
カーソル画像ファイル名
hx
カーソルのホットスポットのX座標
hy
カーソルのホットスポットのY座標

[ETC]

heap
kcsスクリプトで使用するヒープメモリサイズ(※変更しないでください)
dragwnd
メッセージウィンドウのドラッグを使用するなら1 しないなら0

[TEXTURE]

※この項目はシステムの動作に非常に大きな影響を与えます。通常は変更する必要はありません。

テクスチャの定義を行う部分です。

size
x
テクスチャ1ブロックあたりの幅
y
テクスチャ1ブロックあたりの高さ
vt
x
横テクスチャブロック数
y
縦テクスチャブロック数
area?? (??は数値)
sx
有効テクスチャブロックの開始X位置
sy
有効テクスチャブロックの開始Y位置
dx
有効テクスチャブロックの横ブロック数
dy
有効テクスチャブロックの縦ブロック数
bpp32y
32bitテクスチャを使用するテクスチャブロックの開始Y位置
bpp16y
16bitテクスチャを使用するテクスチャブロックの開始Y位置
bpp
テクスチャ解像度(bit per pix)
filter_min
プレーン縮小時の補間フィルタ(0:無し 1:バイリニア 2:トリリニア)
filter_mag
プレーン拡大時の補間フィルタ(0:無し 1:バイリニア 2:トリリニア)
dither
32bit画像を16bit画像に減色する際、ディザ補間を行うなら1

[SHADER]

※この項目はシステムの動作に非常に大きな影響を与えるため、変更しないで下さい。

3D描画用シェーダに関する設定です。

VERTEX_MA
頂点シェーダメジャーバージョン
VERTEX_MI
頂点シェーダマイナーバージョン
PIXEL_MA
ピクセルシェーダメジャーバージョン
PIXEL_MI
ピクセルシェーダマイナーバージョン

[FOLDER]

save
セーブデータの保存先フォルダ(通常は %USERPROFILE%¥%brand%¥%title% )

[SOUND]

use3d
Direct3Dサウンドを使用する場合は1 しない場合は0
sticky
スティッキーフォーカスを使用する場合は1 しない場合は0

[MANUAL]

path
ゲームオンラインマニュアルへのパス

[CONFIG_B]

ゲーム環境設定の各タブの表示状態を設定します。
表示させるなら1 消すなら0 にします。
デフォルトは 1 です。

mode
モード変更
key
入力
snd
音声
eff
画面効果
wnd
ウィンドウ
mes
メッセージ
font
フォント
wnd_alpha
ウィンドウの色を変える(RGB指定)の場合は 0、不透明度のみの変更の場合は 1
view3d
3D

[SOUNDCONFIG]

※バージョン4.0より追加

サウンド設定を行うファイル名を指定します。
soundconfファイルを読み込んだ場合は[SOUNDGROUP],[VOICE],[SYSTEMVOICE]の設定を省略してください。

[SOUNDGROUP]

※この項目はシステムの動作に非常に大きな影響を与えるため、変更しないで下さい。

group?? (??は数値)
comment
グループタイプの名前
id
グループID
type
グループタイプ名
min
使用するチャンネルの最小値
max
使用するチャンネルの最大値

[VOICE]

v?? (??は数値)
head
ファイル名の先頭文字列
group
関連付けるサウンドグループのID
int
検索先統合ファイル名
voice
環境設定の音声設定に表示される名前
mastervol
環境設定で100(ボリュームMAX)にした時のボリューム値
vol
bgm
BGMデフォルトボリューム値
se
効果音デフォルトボリューム値
voice
音声デフォルトボリューム値
play
音声再生時のBGMデフォルトボリューム値
master
マスターデフォルトボリューム値

[SYSTEMVOICE]

ch?? (??は数値)
name
ゲーム環境設定に表示されるキャラクタ名
play
デフォルトで再生するなら1
int
検索先統合ファイル名

[INT]

※この項目はシステムの動作に非常に大きな影響を与えるため、変更しないで下さい。

int?? (??は数値)
name
データ名
int
検索先統合ファイル名
ext
デフォルト拡張子
dir
検索先フォルダ名

[KEYCUSTOMIZE]

※この項目はシステムの動作に非常に大きな影響を与えるため、変更しないで下さい。

key?? (??は数値)
name
キー名
keyboard1
割り当てキーボードID(1)
keyboard2
割り当てキーボードID(2)
mouse1
割り当てマウスID(1)
mouse2
割り当てマウスID(2)
joypad1
割り当てジョイパッドID(1)
joypad2
割り当てジョイパッドID(2)
rep_keyboard1
keyboard1のキーリピートをデフォルトで有効にするなら1
rep_keyboard2
keyboard2のキーリピートをデフォルトで有効にするなら1
rep_mouse1
mouse1のキーリピートをデフォルトで有効にするなら1
rep_mouse2
mouse2のキーリピートをデフォルトで有効にするなら1
rep_joypad1
joypad1のキーリピートをデフォルトで有効にするなら1
rep_joypad2
joypad2のキーリピートをデフォルトで有効にするなら1