CGリストテーブル"cglist.txt"

CG鑑賞モード用の登録ファイルリストです。モード自体は画面スクリプトで作成します。

→動作する画面スクリプトのサンプルが公式ページより配布しております開発セット内(fes/cgmode.txt)にありますのでご参照ください。

1)CG鑑賞モードへの登録

1.登録の条件

通常、CG鑑賞モードで閲覧できるのは、CGリストテーブルに設定されていて、ゲーム中で表示されたものだけです。

2.CGリストテーブル設定について

ゲーム中で表示されていても、リストにないCGは鑑賞モードに登録されません。
これにより、鑑賞モードに登録するものを事前に選別しておくことが可能です。
(例:CG1枚の差分の組み合わせ数が多すぎる場合に削る、等)

3.表示について

イベントCGは、ゲーム中に使用(イメージロード)するだけで自動的に「表示した」ことになります。変数による既視フラグなどは必要はありません。

※これはファイル名の先頭文字が「e・f・h・t・m」のどれかから始まるものだけです。

該当CGの見ていない差分も登録するにはcgflag、ゲーム中に使用していないCGを既視状態にするにはcgregコマンドを使用します。

詳細:「cgflag・cgregコマンドの使用法」参照

2)設定内容

CG鑑賞モードに登録するイメージファイル(差分組み合わせ含む)を設定します。
テキスト形式で作成し、"MakeCGList.exe"にて変換したdatファイルを [game]-[config]フォルダに置きます。

詳細:「CGリストコンバータ」参照

記述例:

@0 //※必須

[ea01] //枠名
ea01,2,0,1 //ファイル指定
ea01,2,0,2

[ha01]
ha01,1,1,2
ha01,1,1,1

[eb01]
eb01,1,1,1
eb01,1,4,1

[hb01]
hb01,1,1,4,1,1
hb01,1,1,5,1,2

※『 [ ] 』から次の『 [ ] 』の前までが、CGモードの1枠(サムネイル一つ)分として認識されます。
「//(ダブルスラッシュ)」によるコメントや空白行は無視されるので、見やすく記述しておくことが可能です。

@0
システム上必要なので必ず記述して下さい
枠名
cgflagコマンドで必要になります。枠名はイメージファイルのベース名にしておくと簡便です
文字列にスペースは使用しないで下さい
ファイル指定
CG鑑賞モードに登録するイメージファイル(差分の組み合わせ)

CG鑑賞モードの登録枠について

システム側で、リストの上から順に登録枠に当てはめられます。

→枠の数は [game]-[fes]-"cgmode.txt"で設定されます。

※システムで設定された数を超えた枠名は、cgregコマンド専用となります。

枠内のファイル指定も記述された順に登録されることになります。表示させたい順序がある場合には、そのとおりに記述して下さい。

3)cgflag・cgregコマンドの使用法

選択などによって表示されなかった差分の組み合わせや、ゲーム中に表示されていない画像もCG鑑賞モードに登録することができます。

1.表示されていない差分もすべて登録する

1枚のCGが表示された際、それに伴う全差分を登録します。
ユーザーにとっては「見ていないCG差分が登録された」ことになるので注意してください。

cgflagコマンドを使用します。

cgflag:「リファレンス」参照

例1:選択によってはゲーム中に表示されない差分組み合わせがある

[hj04]
hj04,1,0,2
hj04,1,0,1
hj04,1,1,1
hj04,1,1,2

例1の場合、シーンスクリプト側で以下のように記述します。

例2:[hj04]枠に設定されたすべての差分組み合わせを登録する

 cgflag hj04

これで、指定した枠名内のCGはすべて登録されます。

コマンドが実行された時点で登録されてしまうので、通常は該当のCGを使用したシーンの最後に記述します。
(おまけモードが開放されている場合、シーンを見終える前に全差分が閲覧可能となってしまいます)

2.ゲーム中に表示していない画像を登録する

クリア後のおまけ画像等、ゲーム中で使用しない画像を登録する場合はcgregコマンドを使用します。

cgreg:「リファレンス」参照

例1:全員クリア後、ゲーム内で使用しなかった"all_clear"を登録する

[omake]	//おまけ画像用枠とする
all_clear

全員クリアと判定した後、以下のように記述します。

例2:「all_clear」を既視状態にする

 cgreg all_clear

この例の場合はcgflagの使用も可能です。

例3:[omake]枠に登録されたイメージを閲覧可能にする

 cgflag omake

ゲーム中に表示されないので、cgregかcgflagコマンドを使用しない限り登録されません。