コマンドとパラメータ

画面スクリプトのコマンドとそのパラメータの書式はシーンスクリプトに酷似しています。

1)通常コマンド

通常コマンドの書式 : [command] (param1) (param2) ...

command
コマンド名
param1〜
コマンドパラメータ

これはシーンスクリプトの書式と同様です。
コマンド及びパラメータは一つ以上のスペース又はタブで区切ります。

通常コマンドの例

	keyskip 0
	wait 1
	baseimg bg_white
		

2)オブジェクトコマンド

オブジェクトコマンドの書式 :[obj] [command] (param1) (param2) ...

obj
オブジェクト名
command
オブジェクトコマンド名
param1〜
コマンドパラメータ

オブジェクト名の指定

シーンスクリプトでは、オブジェクト名とバンク番号を分けて「bg 0」と記述しますが、画面スクリプトでは「bg[0]」のようにスペースを挟まず1ワードで表記します。

オブジェクトコマンドの例

	bg[0] disp 1
	pl[2] blend 0
	logo[0] arc 60 270 90 0 50
		

また、複数バンクを持つオブジェクトの場合、バンク指定([2]など)の部分を省略すると、全てのバンクを対象にコマンドを実行します。

全バンク実行の例

#DEFINE
	IMAGE	bg[4]
	PLANE	pl[2]

#START
	bg disp 1	//bg[0]〜bg[3]を全て表示する
	pl blend 0	//pl[0]〜pl[1]を全て不透明度0にする