画面スクリプト

画面スクリプトについて

「画面スクリプト」fesスクリプト(FrontEndScript)とも呼ばれます。
タイトル画面やアイキャッチ等、アドベンチャーパート以外の部分を作成するスクリプトです。
シーンスクリプトと似た書式ながら、ボタン型オブジェクトなど、より複雑な要素を持ちます。
そのため、内容的に、どうしてもプログラマ的な思考や知識が必要になってきます。初期設定関係も少々難解に見えるかもしれません。
しかし、一つ一つは単純な要素の組み合わせでしかありません。
また、CS2では、画面デザイン的な要素のほとんどをpsdファイルの時点でできてしまうように作られています。
まずはサンプルの画像ファイルをいじってみて、うまく動作しなかった部分や少し変わったことがしたい部分だけ、改めてスクリプトを確認するのが近道かもしれません。
画面スクリプトの説明は、シーンスクリプトを既に理解している前提で行います。
 用語解説などがされていない場合はシーンスクリプトを参照してみてください。

画面スクリプトの基本

画面スクリプトの実行

画面スクリプトの書式

使用する計算式についてはシーンスクリプトと同じです。

詳細:シーンスクリプト「計算式」参照

1.記述

2.基本事項

3.変数

4.デバッグモード

sscript.kcs 実行時の注意点

sscript.kcs 実行時の注意点
execkcs コマンドで sscript.kcs を実行する際の注意点です。

ファイルのエクスポート・ウィンドウズ設定変更

ファイルのエクスポート
ファイル出力先をユーザーが選択して、そこにパックファイルからファイルを出力する機能の説明です。
ウィンドウズのデスクトップ壁紙の変更
壁紙データの作成と変更方法の説明です。
ウィンドウズのシステム音の追加・変更
ウィンドウズのシステム音(ゴミ箱を空にする等に出る音)のサウンドグループ追加・変更方法の説明です。

コマンドリファレンス

通常コマンドリファレンス
オブジェクトを対象としないコマンド
オブジェクトコマンドリファレンス
イメージやプレーン、サウンドなど、オブジェクトを対象とするコマンド
全コマンドリファレンス(ABC順)
すべてのコマンド・キーワードをABC順で並べています。