sscript.kcs 実行時の注意点

シーンスクリプトを実行する sscript.kcs を execkcs コマンドで実行する際の注意点です。

実行パラメータ

sscriptをどのようなモードで実行するかを、変数 $512 を使用して設定します。

「-1」

文字列変数 200 番で設定されているシーンスクリプトを実行します。

例:start.cst を実行します。

$512 = -1
strvar 200 start
execkcs sscript
				

「-2」

文字列変数 200 番で設定されているシーンスクリプトを回想モードとして実行します。
シーンスクリプト中に endofkaisou コマンドがあると、そこで実行を終了します。

例:kaiso.cst を実行します。

$512 = -2
strvar 200 kaiso
execkcs sscript
				

その他

$512 で指定された番号のセーブデータをロードして実行します。

例:セーブデータ 10 番をロードします

$512 = 10
execkcs sscript