ヘッダブロック

ヘッダが定義された位置から次のヘッダまで、またはスクリプト終端までをヘッダブロックといいます。

#START		//←STARTブロック開始
	...
	...
		//←ここまでSTARTブロック

#DISP_IN	//←DISP_INブロック開始
	...
		

#START 以外のシステム定義ヘッダは、このブロック内で各種定義を行います。
#START、またはユーザー定義ヘッダは、このブロック内を上から順番に処理し、ブロックの終端まで来たら処理を終了します。そして次のフレームにて再度ブロックの先頭から処理を行います。
違うブロックにジャンプしたい時は next コマンドを使用します。

同じ名前のヘッダが複数ある場合、それらは自動的に連結され1つのブロックとして処理されます。

【例1A】と【例1B】は同じ処理が行われます。

例1A:分割されている例

#DEFINE
	IMAGE	bg
	IMAGE	btn

#DEFINE
	PLANE	pl
		

例1B:分割されていない例

#DEFINE
	IMAGE	bg
	IMAGE	btn
	PLANE	pl
		

【例2A】と【例2B】は同じ処理が行われます。

例2A:分割されている例

#START
	$100 = 0
	$101 = 1

#WAIT
	$104 = 4

#START
	$102 = 2
	next WAIT
		

例2B:分割されていない例

#START
	$100 = 0
	$101 = 1
	$102 = 2
	next WAIT

#WAIT
	$104 = 4