変数

変数にはグローバル変数とローカル変数の2種類があります。
グローバル変数は、他画面スクリプトやシーンスクリプト共通で使用します。一か所で変更された値がすべてのスクリプトに反映されます。
ローカル変数は、そのスクリプト内のみ使用出来る変数です。他のスクリプトに影響を与えません。

グローバル変数

シーンスクリプトと同じ変数領域を使用することができます。
この変数は4バイト整数型です。

詳細:シーンスクリプト「変数」参照

書式

$n
nは 0〜1023 の変数番号

使用例 : 変数番号100に1000(10*100)を代入

$100 = 10 * 100

変数番号の指定は計算式が使用できます。

使用例 :

// 変数番号20(10*2)に100を代入
$(10*2) = 100

// 変数番号($10+5)に100を代入
$($10+5) = 100

ローカル変数

スクリプト毎に固有の変数領域を使用します。
この変数は4バイト整数型です。

書式

\n
nは 0〜511 の変数番号

使用例 : 変数番号100に1000(10*100)を代入

\100 = 10 * 100

変数番号の指定は計算式が使用できます。

使用例 :

// 変数番号20(10*2)に100を代入
\(10*2) = 100

// 変数番号($10+5)に100を代入
\(\10+5) = 100