システム変数

画面スクリプトはシステムで定義された変数を使用できます。
この変数は読み出しのみ(書き込み不可)の変数です。

_MOUSE_X_

現在のマウスカーソルのX座標が入ります。

_MOUSE_Y_

現在のマウスカーソルのY座標が入ります。

_CLICK_L_

「決定」キーまたは「強制スキップ」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
各「キー」は、「環境設定(詳細モード)>入力」で設定されているものになります。以降も同様です。
何も押されていない時は0が入ります。

例 : btnボタンが押されるまで待ちます。

#DEFINE
	BUTTON	btn

#WAIT
	if (_CLICK_L_==btn)	next ACT_BTN

#ACT_BTN
	...
		

_CLICK_R_

「キャンセル」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_SCRL_U_

「スクロール↑」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_SCRL_D_

「スクロール↓」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_SCRL_P_

SCROLL又はSLIDERオブジェクトが動いた時、そのオブジェクトが入ります。
動いていない時は0が入ります。

_PAGE_U_

「1ページ↑」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_PAGE_D_

「1ぺージ↓」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_PUSH_UP_

「カーソル↑移動」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_PUSH_DOWN_

「カーソル↓移動」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_PUSH_LEFT_

「カーソル←移動」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_PUSH_RIGHT_

「カーソル→移動」キーが押された時、押されたボタンのオブジェクトが入ります。
何も押されていない時は0が入ります。

_FRAME_

画面スクリプトが起動してから何フレーム(1フレームは1/60秒)経過したかのフレーム数が入ります。
この数値はreset_frameコマンドで0にリセットする事ができます。

_EXITCODE_

画面スクリプトから実行された子スクリプト(画面スクリプト・kcsスクリプト)が終了した時の終了コードが入ります。
この終了コードは子スクリプトのexitコマンドのパラメータで指定されたものです。
終了していない場合は-1が入っています。

_SAVEOBJ_

シーンスクリプトを実行するsscript.kcsスクリプトからセーブ・ロード画面が呼び出される時に、現状のセーブデータとして設定されます。
datasaveコマンドのパラメータとして使用されます。

@変数

現在の状態を指す特殊な変数です。

通常は、該当パラメータを数値で返しますが、記述位置によってはオブジェクトそのものを特定します。

例1:通常の指定

	cg[0] pos @ @

x、yの現在値が入ります。

例2:イベントハンドラ内など

#btn.FOCUS
	@ setid 1

マウスフォーカス中のオブジェクトを返します。