イメージファイル".hg3"

CS2では「hg3」という画像形式を使用しています。
画像のコンバートは"WGC.exe"で行います。

ここでは、photoshopで画像データを作成する際の基本事項を説明します。

出力ファイル名

コンバート時、通常は各レイヤー名で出力されることになります。
出力ファイル名にスペースは使用できません。また、スクリプトのコマンドと同じ名前も避けてください

→コンバータの設定で、psdファイル名を出力ファイル名にすることも可能です。

差分形式画像を作成する場合などは、同じベース名を持つレイヤーを大量に出力することになりますが、以下の方法で簡単に処理することができます。

基本ファイル名

書式:[filename]

出力ファイル名を半角角カッコで括る

上記の名前でレイヤーもしくはレイヤーセット(フォルダ)を作っておくと、複数の出力ファイルの基本ファイル名とすることができます。
それ以降のレイヤー名内に「$」を使用することで、出力時に基本ファイル名に置換されます。

→基本ファイル名としたレイヤーは、hg3ファイルとして出力されません。
→閉じカッコ以降の文字は無視されます。

置換適用のルール

フォトショップ上のレイヤー順

※使用例画像のレイヤー名にある「@」は、コンバータの設定に関係するものです。
名前の置換には影響ありません。
(『「@」がついたものだけをコンバート』という設定になっています)

上記のレイヤー構成でコンバートすると、下記のファイルが出力されます。

基本のファイル名レイヤーは、下位レイヤーに対して適用されます。
「 [] 」と「$」による置換適用を色分けすると、このようになります。

  • ┣ @$_3 ← 上位に「基本ファイル名」レイヤーが無いので$は無視される
  • ┣ [test]
  • ┣ @$_2
  • ┣ @$_1
  • ┣ @$_0
  • ┣ [sample] ← セット内のレイヤーにのみ適用される
  • ┃   ┣ @$_3
  • ┃   ┣ @$_2
  • ┃   ┣ @$_1
  • ┃   ┗ @$_0
  • ┗ @$_bg ← [sample]ではなく[test]が適用される

この例にあるレイヤーセットに基本ファイル名([sample])をつけなければ、セット内レイヤーの「$」はセット外の上位にある「test」に置換されます。

また、レイヤーセットの中に基本のファイル名レイヤーを作ると、セット内の下位ファイルにのみ適用されます。

※一つのpsdファイルでレイヤー名が重複した場合は、そのうちの一つしか出力されません。

  1. 基本ファイル名は下位レイヤーに適用される
  2. レイヤーセット(フォルダ)名を基本ファイル名にすると、そのフォルダ内のみに適用される
  3. 基本ファイル名指定用レイヤーは出力されない

ID形式

コンバート時は画像レイヤーごとに出力される、というのは前述のとおりです。
それに加え、特殊なレイヤー名をつけることで、複数の画像を持った一つのhg3ファイルとして出力することもできます。
これを「ID形式」と呼んでいます。

ID形式のファイルは、一つのhg3ファイルの中に0、1、2と番号がついた画像が複数入っている状態です。本(ファイルそのもの)とページ(各画像データ)の関係と考えられます。

この形式は普通、メッセージウィンドウをはじめとするシステムボタン類アニメーション作成時に使用します。シーンスクリプトでID形式の画像を読み込むと、IDが0の画像しか表示されません。

ID形式画像のレイヤー名について

書式:filename(ID)

filename
ファイル名
ID
任意の数値を半角丸カッコで括る

基本ファイル名置換を使用すれば、画像レイヤー名には置換用の$とカッコ付きの数値を指定するだけとなります。

→閉じカッコ以降の文字は無視されます。

さらに、レイヤー名先頭に@を入れている場合、置換用の「$」は省略できます
※コンバータの設定で「先頭に@が付いたレイヤをコンバート」にチェックを入れてください。

フォトショップ上のレイヤー順

IDの継承

レイヤーセット名にIDだけを指定すると、出力時にセット内のID数値に加算されます。

フォトショップ上のレイヤー順

この例では、レイヤーセット内の各レイヤーに「10」が加算され、「10」「11」「12」の三つのデータが「ID_test.hg3」内に作られます。

SusieでID形式の画像を展開すると中のデータの拡張子が「.bmp」になりますが、プラグインの表示の都合によるものです。

位置情報の付加

以下に挙げるものの位置情報の適用ルールは、すべて「基本ファイル名」と同じです。基本は下位レイヤーに対してのみで、レイヤーセット内に置いた場合はセット内のみとなります。

ベース

画像ファイルのベース位置

画像には、位置や動きを指定する際に原点となるベースが存在します。hg3形式では、直接画像にベース位置情報を持たせています

ベース位置を指定せずに画像をコンバートすると、画像の左上(0,0)が原点となります。
ここでいう「画像の左上」とは、psdファイルのカンバスサイズ上での左上を指します。

※通常のコンバートでは透明領域が削除されて出力されますが、カンバスサイズの情報は保持されています。

ベース位置の設定

ベース位置は任意で指定することが可能です。一つのpsdファイル内に複数のベースを設定できるので、それぞれのレイヤーごとに別なベース位置を埋め込むこともできます。

書式:_base_

すべて半角。これ以外の文字を入れることはできません

上記の名前でレイヤーを作ることで、そのレイヤーに存在するピクセルの左上点がベースになります。小さな矩形を作成し、ベース位置としたいところに配置するのが一般的です。

→「_base_」レイヤーに矩形ではない画像があるとき、そのレイヤー内の画像を包括する最小矩形の左上点がベースとなります。

このとき、必ずコンバータ設定の「先頭に@が付いたレイヤーをコンバート」にチェックを入れてください。この設定でコンバートをしないと、他と同じく画像レイヤーとして認識され、出力されてしまいます。

フォトショップ上のレイヤー順

アトリビュート

イメージアトリビュート

アトリビュートとは「属性」のことで、そのものの持つ固有の情報を指します。
hg3形式では、以下の情報をアトリビュートとして付加することができます。

  1. x座標
  2. y座標
  3. 高さ

通常はこのうちの座標を立ちキャラ画像に埋め込み、漫符(汗など)の表示位置の指定として使用します。座標を変数に入れ、それを位置パラメータとして呼び出す形になります。

詳細:リファレンス「イメージアトリビュート取得」参照

アトリビュートの設定

書式:¥n

「n」は任意の数値。すべて半角で記述します

フォトショップ上のレイヤー順

一般的な使用法をとる場合、ベースと同じく矩形を作成して座標を指定します。これも、そのレイヤーに存在するピクセルの左上点の情報が付加されます。

画像のトリミング

クリッピング

hg3では、画像の一部を矩形でトリミングして出力することができます。これをクリッピングといいます。

クリッピング枠の設定

書式:_clip_

すべて半角。これ以外の文字を入れることはできません

上記の名前でレイヤーを作ると、クリッピングレイヤーになります。
ここに矩形イメージを描画することで、それ以降のレイヤーは「_clip_」レイヤーに描かれた矩形内にあたる部分のみがコンバートされるようにます。

フォトショップ上のレイヤー順

→クリッピングレイヤーに矩形ではないイメージが描かれている場合は、そのイメージが収まる最小サイズの矩形として扱われます。

→コンバータの設定項目にある「クリッピング(透明領域削除)を行わない」にはチェックを入れないでください。
また、ベース設定と同じく「先頭に@が付いたレイヤーをコンバート」にはチェックを入れてください。