シーンスクリプトコマンドリファレンス

イメージロード

イメージファイルをバンクにロードします。同時に表示位置の指定も可能です。

イメージが読み込まれているバンクに新たな画像を読み直した場合、モーションのみが停止します
位置情報や不透明度など、表示に関する指定は引き継がれます(ベース位置は新しい画像のものになります)。

x座標、y座標、描画対象プレーンのデフォルト値は「VRAM定義ファイル」で変更できます。

書式:[bg/cg/eg/fg/fw] [no] [filename] (x) (y) (z) (plane) (prm)

no
バンクNo
filename
ロードするファイル名
x
表示先x座標(def:VRAM定義ファイルで定義)
y
表示先y座標(def:VRAM定義ファイルで定義)
z
表示先z座標(def:0)
plane
描画対象プレーンNo(def:VRAM定義ファイルで定義)
prm
反転・回転・マスクの指定(※後述)

例1:表示位置を指定する

    cg 1 image_a 600 200

例2:描画対象プレーンを指定する

    cg 1 image_a @ @ @ 2

例2の指定をすることで、初期化されるまで cg 1 は無指定で pl 2 に描画されます。

複数のタイプ・バンクの描画対象プレーンを一時的に変更する場合は、defコマンドが便利です。


prm

1)イメージロード時の反転・回転

イメージのベース位置を基準に、反転・回転(時計回り)を行った上でロードします。
反転同士・回転同士が重複しなければ、二つを指定することも可能です。

¥lr
左右反転
¥ud
上下反転
¥r90
90度回転
¥r180
180度回転
¥r270
270度回転

例:左右反転・90度回転させた画像をロードする

    cg 1 image01 400 200 @ @ ¥lr ¥r90

VRAM上でも反転・回転された状態になっています。
通常状態でロードした画像をプレーンで反転・回転するには、rotを使用します。

2)マスクの指定

指定された画像をマスクとして表示します。適用範囲は同一プレーン内のイメージです。

¥mr
画像のR情報を使用してマスク
¥mg
画像のG情報を使用してマスク
¥mb
画像のB情報を使用してマスク
¥ma
画像のA情報を使用してマスク

例:cg 1とbg 1が同プレーンにあるとき

    cg 1 tubuan 400 200 0 1 ¥ma     //切り抜く形
    bg 1 $ffffffff 800 600
 //↑cg 1 の形に切り抜かれ表示される画像

マスクにするイメージがプレーン内で一番高いプライオリティとなるようにしてください。
同プレーンでマスクの上にさらに他のイメージを重ねると、表示が乱れる場合がありますので避けてください。