ウィンドウ定義ファイル"meswnd.xml"/"hist.xml"

"meswnd.xml"でメッセージウィンドウを、"hist.xml"で履歴ウィンドウをカスタマイズすることができます。
フォントカラーやサイズの初期値はここで指定しますが、デフォルトフォントタイプは「CS2動作定義ファイル(startup.xml)」で指定します。

また、複数のウィンドウ定義ファイルを作成し、シーンスクリプトコマンド「view」により随時使い分けることも可能です。
その場合のファイル名は自由です。

→コマンドで指定がない限り、"meswnd.xml"と"hist.xml"がデフォルトとして使用されます。
通常使用する定義ファイルは名前を変更しないでください。

メッセージウィンドウにフェイス画像を表示する場合、表示位置や範囲などはウィンドウの画像ファイル内で指定します。このファイルでは特別な指定は必要ありません。

ウィンドウ画像ファイル:「メッセージウィンドウ"meswnd.hg3"」参照

設定内容

"meswnd.xml"と"hist.xml"は¥game¥config内に置きます。

履歴ウィンドウ定義ファイルは若干項目が少なくなっていますが、内容は同じです。

CONFIG(基本構成)

hide_sl
通常時にセーブ・ロードボタンを隠すか
  • 0:隠さない
  • 1:隠す(システムボタンの上にカーソルが乗ったときに表示)
name_id
名前表示に画像を使用するか
  • 0:使用しない
  • 1:使用する
name_center
名前表示をセンタリングするか
  • 0:しない
  • 1:する
name_center_rev
名前表示をセンタリングする場合の中心位置調整値(左右)

VRAM(使用VRAM領域)

※この項目は基本的に変更しないで下さい。

IMAGE(使用画像)

→サンプルとして\image_sample内にメッセージウィンドウと履歴ウィンドウのサンプルpsdファイルがあります。

file
ウィンドウに使用する画像ファイル名
name
名前表示用画像名(name_id が1のときに使用)
wait
キー入力待ちアイコンファイル名
ufont
ユーザーフォントファイル名
pri
ウィンドウプレーンの表示プライオリティ
onlyalpha
環境設定でウィンドウの色(ARGB)を変更できるのはα値だけにするか
  • 0:ARGBすべて
  • 1:α値のみ

FONT(フォントサイズ)

str_ss/str_s/str_n/str_l/str_ll
テキストフォントサイズ(単位:ピクセル)
「str_n」がデフォルトサイズです。このサイズには文字影の分も含まれます。
ほかにも、シーンスクリプトにおいてフォントサイズを変更する際の規定値になります。
フォントサイズの変更:「エスケープシーケンス」参照
ruby
ルビフォントサイズ
name
名前フォントサイズ

SPACE(文字間隔)

horizontal
文字間調整
vertical
行間調整
ruby_v
ルビ表示位置
name_h
名前の文字間調整
margin
文章表示エリアの上下左右マージンサイズ
left
左側の余白領域
top
上側の余白領域
1行目の文章のルビはこの領域に表示されます
right
右側の余白領域
この領域分が禁則処理(ぶら下げ)に使用されます
2文字分くらいを目安としてください
bottom
下側の余白領域

COLOR(文字色)

str
文章のデフォルト文字色
str_shadow
文章の文字につくデフォルト影色
name
名前のデフォルト文字色
name_shadow
名前の文字につくデフォルト影色

MAX_LEN(最大文字数)

※この項目は基本的に変更しないで下さい。