プレーン系コマンド

baseposなどの基本的なコマンド類やモーションコマンドは、イメージと変わらずに使用できます。
ここではコマンドリファレンスで「プレーン専用」となっているものを紹介していきます。

プレーンで拡張されるコマンド

倍率を変更する<scale>

指定したサイズでプレーンを表示します。

イメージに対しては読み込み前にしか使用できませんでしたが、プレーンについてはいつでもサイズを変更できます。

	cg 0 bc01,1,1,0,1
	rdraw
	\n

	pl 0 scale 150% 150% //パラメータは x軸拡大率/y軸拡大率
	rdraw

	実行

また、プレーンに対してのみ「mscale」による動的な拡大縮小が可能です。

	cg 0 bc01,1,1,0,1
	rdraw
	\n

	pl 0 mscale 30 150% 150% //パラメータは フレーム/x軸拡大率/y軸拡大率

	実行

scale:コマンドリファレンス
mscale:コマンドリファレンス

プレーンのみ有効なコマンド

回転させる<rot>

指定した角度にプレーンを回転して表示します。
回転の中心は対象プレーンのbase位置、回転方向は「各軸の正方向から見て時計回り」です。

画面上で平面的に回転させるにはz軸に角度を指定します。

	cg 0 bk01,1,1,4,3,1
	rdraw
	\n

	pl 0 rot 0 0 180 //パラメータは x軸角度/y軸角度/z軸角度
	rdraw
	\n

scaleと同じくrotにも、動的に回転する「mrot」があります。

	cg 0 bk01,1,1,4,3,1
	rdraw
	\n

	pl 0 mrot 30 0 0 180 //パラメータは フレーム/x軸角度/y軸角度/z軸角度
	\n

rot:コマンドリファレンス
mrot:コマンドリファレンス

プライオリティ変更<pri>

プレーンのプライオリティを変更します。
キャラクターの前後を入れ替えるときなど、プライオリティを変更すればイメージを読み直す必要がありません。

プライオリティのデフォルトは「プレーンバンク×1000+5000」になっています。
pl 0が「5000」、その後は1000ずつ増えると覚えてください。

	pl 2 pri 5500 //pl 2をpl 0と1の間に表示

プライオリティは以下のデバッグ機能で確認ができます。

デバッグダイアログ【Dキー】
グラフィックパラメータの「BZ」
一時停止&グラフィック調整モード【Qキー】
baseパラメータの「z」

pri:コマンドリファレンス

合成モードの変更<bmode>

プレーンを特殊な合成方法で描画します。

	pl 2 bmode 1 //加算モード
図a:プレーン合成モード

使用する画像やプレーンカラーによって著しく表示結果が異なります。
詳細はリファレンスを確認してください。

bmode:コマンドリファレンス

ラスタースクロール<raster>

プレーンを連続変形させて、いわゆるラスタースクロールに似た効果を擬似的に表現します。
標準のプレーンではカクカクとした表示になるため、専用に作成したプレーンを使用するのが普通です。

	pl 1 raster_x
	wait
	pl 1 raster 1 50 100 60

この例では「raster_x」というプレーンを作成し、使用しています。

特殊な形状のプレーンを使う

図b:擬似ラスター効果

raster実行中に「raster fade」を使用してパラメータを変化させることができます。

raster:コマンドリファレンス
特殊プレーン指定:コマンドリファレンス
raster_fade:コマンドリファレンス

プレーンの作成

プレーンはシステムで用意されているpl 0〜8だけでなく、任意で作成することもできます。
以下を指定すれば、pl 9〜31がpl 0〜8と同様に使用できます。
(pl 0〜8を変更することも可能です)

注意点はVRAM参照位置の指定です。
使用できるVRAM領域が広がるわけではないので、非表示にするプレーンを把握することが大切になります。

カラー矩形プレーンの作成

単色の矩形プレーンを作成します。

これはイメージを使用しません。
通常サイズのpl 0〜4のすべてにイメージを読み込んでいても、それとは別に作成できます。

	pl 9 disp 1
	pl 9 $FFff0000 1024 680 //通常サイズの赤いプレーン

破棄するときは作成したカラープレーンを初期化してください。

(c_plane):コマンドリファレンス